イベント運営の

い ろ は

 販促ツールの基本として挙げられるのが”ちらし”です。

のぼり旗は設置したその場でしか効果を発揮しませんが、
ちらしは人から人へ持ち運ばれることで、のぼり旗以上に広がりを見せます。

最近では”フライヤー”という方がおしゃれかも知れません。

イベント当日は近辺で撒くのもよいでしょう。たとえば駅前などで。

それ以外にもちらしの効果的な活用方法として店置きです。

フライヤー

イベントのターゲットとなる人たちが集いそうなショップやカフェなどに依頼してフライヤーを置かせてもらいましょう。
おしゃれなショップやカフェには沢山のフライヤーが置かれています。
そんな中に埋もれてしまわないように、デザインには工夫する必要があります。

のぼり旗は、端的にインパクトをもってメッセージを伝える必要があります。
それがのぼり旗の最大の特徴です。
たいして、フライヤーはもう少しニュアンスを加えたいと思います。

使うビジュアルや紙質なんかでも、そのメッセージは伝わるでしょう。
どんな方向性を持ったものなのか。

どんな人をターゲットにしているのか。

それはつくるちらしからも現れているのです。
もちろん、目立つ、わかりやすいということは大前提。

カフェ

あまりにデザインに走りすぎてばかりいても効果がありません。

その為に「目につく」「何のイベントかをきちんと伝える」ことができるフライヤーを製作したいと思います。

designed by omaturi inkai